オットーボック装具 装具について...種類、用途、用語


オットーボック装具
装具について


装具とは

病気・ケガなどにより、身体の機能が低下したり、失われたりした方が、その機能を補ったり軽減したりするために使用、装着するものです。一般的に、『装具(そうぐ)』もしくは『補装具(ほそうぐ)』と呼ばれています。

 

装具には大きく分けて購入方法により2つの種類があります。
 

1.店頭やインターネットで購入する装具

装具は前述の『補装具(ほそうぐ)』だけでなく、『サポーター』や『ブレース』、『コルセット』などと呼ばれたりもします。サポーターに関しては、薬局やドラッグストア、スポーツ用品店、100円ショップなどの販売店、テレビやネットショッピングなどの媒体を通して簡単に購入することができます。「膝が痛いからサポーター買おうかな?」「腰が痛いからコルセット欲しいな…」というように、本人の考え(意思)で入手することができます。

 

2.病院での処方により義肢装具製作所などを通して購入する装具

病気やケガなどで病院に行き、医学的治療のためにサポーター(装具)が必要であると医師が判断した場合は(医師の指示に基づき)、処方・装着となります。
ご購入方法の詳細については Link ご購入に際して

オットーボック・ジャパンが取扱っている装具製品は、後者の医師の指示に基づき、治療や更生の目的で装着する製品になり、医師の処方に従って、義肢装具製作所に所属する義肢装具士が装着・適合を行います。

さらに、病院で処方される装具には大きく分けて2つの種類があります。

治療の目的で医師の指示に基づいて製作し、医療保険の適用になる『治療用装具』と、身体に障害が残った場合に日常生活で使用するための『更生用装具』があります。


治療用装具

治療用装具とは、病状が固定する前や患部変形の矯正用などの治療の目的で、医師の指示に基づき一時的に使われる装具です。各種の医療保険制度を利用し、装具代金の全額を一時立て替払いをした後、加入している健康保険へ療養費の申請を行い、払い戻し(還付、療養費の支給)を受けることができます。
Link 詳しくはご購入に際して

 

更生用装具

更生用装具とは、治療が終わり、障害が固定した後の身体障害者の日常生活向上を目的とした装具のことです。この場合には福祉の制度により手続きが異なります。
労働災害保険や障害者自立支援法の場合にはその製作または修理に要する費用が支給され、装具代金の一時全額立て替えは必要ありません。障害者自立支援法の場合、所得により自己負担額が発生する場合があります 。

また、装着する身体の部位により上肢装具、体幹装具、下肢装具に分類することができます。

以下には、弊社で取扱っているオットーボック装具を上肢装具、体幹装具、下肢装具に色分けして表示しています。装着する部位をクリックすると、部位毎の装具製品をご覧いただけます。

オットーボック装具 頸椎 肘関節 胸椎・腰椎 膝関節 肩関節 手・母指CM関節 股関節 足関節

 

 

*弊社取扱いの装具製品は、医師の処方のもと、義肢装具製作所を通してご提供しております。
 ご試着・ご購入をご検討の場合は各医療機関にご相談ください。

 

オットーボック・ジャパン ホームページ

オットーボック・ジャパン
オフィシャルサイト

Link

オットーボック・ジャパン公式フェイスブック

more

 
YouTube ottobock

オットーボック動画 YouTube

オットーボック本社提供

Link

 

 

ブレースサポート製品

オットーボック・ジャパン 装具製品サイト

Link



オットーボック・ジャパン ロンドン パラリンピック
オットーボック・ジャパン
パラリンピック専用サイト

Link